2012年12月27日 (木)

目標はSMARTで!

おはようございます。富士通ラーニングメディア・ブログ担当です。

2012年もあと数日で終わりですね。

みなさまは、年初に立てた目標をどのくらい達成できたでしょうか?

1227_2

先日、目標を確実に達成できる人と、なかなか達成できない人の違いは、「目標の立て方」にあるという話を聞きました。達成しやすい目標を立てるために、「SMARTの原則」を参考にするとよいのだそうです。

「SMART」とは、以下の単語の頭文字です。

S(Specific):具体的か?

M(Measurable):測定可能か?

A(Achievable):達成可能か?

R(Result-oriented):成果に基づいているか?

T(Time-based):期限が明確か?

(SMARTには、語句が異なるいくつかのバージョンがあります)

たとえば、「英語力をつける」という目標の場合、SMARTを意識すると、以下のようになります。

「TOEICテストのスコアを、6月までに20点アップさせ、海外出張に役立てる」

「英語力」を「TOEICスコア」に置きかえ、測定可能な数値(20点アップ)と、成果(海外出張)、期限(6月までに)を設定したことで、具体的な目標になりました。あとは、達成可能かどうかを、判断。この目標が、現在の英語力とかけ離れていたら、「スコアの目標を下げる」などを検討するのです。

これから目標を立てる時には、ぜひ「SMARTの原則」を参考にしてみてください。

◆2012年最後の更新となりました。

「人材育成最前線」をご愛読いただき、どうもありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。

|

日々の気付き」カテゴリの記事





コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216263/56364761

この記事へのトラックバック一覧です: 目標はSMARTで!: