« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月27日 (木)

目標はSMARTで!

おはようございます。富士通ラーニングメディア・ブログ担当です。

2012年もあと数日で終わりですね。

みなさまは、年初に立てた目標をどのくらい達成できたでしょうか?

1227_2

先日、目標を確実に達成できる人と、なかなか達成できない人の違いは、「目標の立て方」にあるという話を聞きました。達成しやすい目標を立てるために、「SMARTの原則」を参考にするとよいのだそうです。

「SMART」とは、以下の単語の頭文字です。

S(Specific):具体的か?

M(Measurable):測定可能か?

A(Achievable):達成可能か?

R(Result-oriented):成果に基づいているか?

T(Time-based):期限が明確か?

(SMARTには、語句が異なるいくつかのバージョンがあります)

たとえば、「英語力をつける」という目標の場合、SMARTを意識すると、以下のようになります。

「TOEICテストのスコアを、6月までに20点アップさせ、海外出張に役立てる」

「英語力」を「TOEICスコア」に置きかえ、測定可能な数値(20点アップ)と、成果(海外出張)、期限(6月までに)を設定したことで、具体的な目標になりました。あとは、達成可能かどうかを、判断。この目標が、現在の英語力とかけ離れていたら、「スコアの目標を下げる」などを検討するのです。

これから目標を立てる時には、ぜひ「SMARTの原則」を参考にしてみてください。

◆2012年最後の更新となりました。

「人材育成最前線」をご愛読いただき、どうもありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

クラウドの技術がeラーニングで学べる!

クラウドサービスは、今、さまざまなところで活用され、「クラウド」という言葉を耳にするのも当たり前になってきました。これだけ身近になったにもかかわらず「クラウドとは何か?」「クラウドを支える仕組みは?」と聞かれると、明確に答えられない人も多いようです。

1226_2

当社では、氾濫するクラウドサービスや、クラウド関連技術の中から、当社の講師陣が厳選した重要技術をeラーニングで学べる研修コース「初めてのクラウド技術」を開催しています。

扱うコンテンツは「データセンター」「Hadoop」「Google App Engine」などの13テーマ。

1テーマは15分以内で構成され、テーマごとに完結・独立しているので、まとまった時間のない方でも手軽に、学習したいテーマだけを選択して学ぶことが可能です。

直感的に概要をつかみやすいように、アニメーションや動画も多用しています。

初めてクラウドを勉強する方、営業・企画部門の方も含めて幅広い方におすすめです。

密度は濃いですが、気楽に取り組めるコースです。

本コースに興味をお持ちになった方は、ぜひ、こちらのコース紹介ページをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

夢を叶える方法

メリークリスマス!

子どものころ、12月25日の朝の楽しみといえば、サンタクロースからのプレゼント。

サンタクロースにお願いしたものが届き、「夢が叶った!」と喜んだ方もいらっしゃることでしょう。

1225

ところで、みなさんは「夢を叶える方法」をご存じでしょうか?

それは、「夢を口に出して10回となえること」。

理由は、「叶」という字をご覧ください。

「口」と「十」です!

つまり、「口に出して10回となえると、その夢は叶う!」というわけ。

来年の目標を決めたら、紙に書き出し毎日目にするところに貼って、声に出してとなえてみてください。目標の実現に近づけるかもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

サーバ仮想化が分かる! クラウド構築化の第一歩

サーバ仮想化は、1台のサーバ上で複数のOSを動かす技術で、クラウドのベースとなる必須技術としてだけではなく、コスト削減といった経営面からの有益性の高さからも、導入が進んでいます。ITにかかわる方にとって、今や「知って当たり前の知識」の1つといえるでしょう。

1219

当社では「サーバ仮想化とは何か」を既存の技術と関連付けて解説するコース「サーバ仮想化技術基礎」を開催しています。

当コースのおすすめポイントは以下の3つです。

1.クラウド環境を支えるサーバ仮想化技術について学べる

2.短時間で必須知識を幅広く、体系立てて学べる

3.導入時に陥りやすい疑問点と留意点が分かる

それぞれのメリットの詳細はリンク先のコース紹介ページをご覧ください!

全く知識のない方はもちろん、ITにかかわるすべての方に、効率的に、IT技術の新常識をお持ち帰りただけるコースです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

部下を上手に褒めていますか?

「褒めて育てる」とよく言われますが、みなさんは部下に対し、どのような褒め方をしていますか?

1218

上手に褒めるコツは、その場ですぐに褒めること

どんなに小さなことに対しても、さりげなく「いいね!」、「よくやった、ありがとう」というように、はっきりとした言葉で伝えましょう。

(曖昧な褒め言葉はイヤミに聞こえてしまうことがあるので、「はっきりと」がポイント!)

報奨制度を設けるという方法もありますが、意欲を報奨でつっているような印象を与えてしまうと、逆効果になることも。報奨制度よりも、褒め上手になったほうが、人を育てるには効果的といえるのかもしれませんね。

------

■当社では各種リーダーシップ研修を実施しています。詳細はこちらからご覧ください。

■御社の課題解決に必要な人材育成を、ご一緒に考えます。無料相談会をご利用ください。無料相談会の詳細はこちらからご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

明るく元気な職場の実現には、リーダーの役割が大切!

明るく元気な職場を実現するためには、リーダーや幹部社員が果たす役割は重要です。メンバーが直面しているストレスを理解し、率先してストレスの軽減や職場環境の整備につとめるなど、適切なマネジメントが求められています。

1217

当社では、ストレスに関する現状と基礎知識を踏まえて、「リーダーのためのストレスマネジメント研修~元気な職場と社員を目指して~」というコースを開催しています。

豊富な実務経験と専門知識を持つ有資格者が監修する本コースの特徴は、ストレスマネジメントの勘所を、事例やさまざまなミニ演習を通して学べること。

取り扱う事例は、リーダーや幹部社員の経験に基づいたもので、実際のリーダーや幹部社員経験者からのワンポイントアドバイスも盛り込んでいるので、具体的に学べます。ディスカッション、ケーススタディ、ロールプレイイングなどのミニ演習が豊富で、職場ですぐに使えるヒントや、他の受講者との情報交換から得られる気づきをお持ち帰りいただけます。

プロジェクトリーダーや幹部社員の方はもちろん、これからリーダーになる方から、ストレスマネジメントを検討する立場の方まで、「自ら率先して職場のコミュニケーションを改善し、風通しの良い環境を作って行きたい!」とお考えのみなさまに、ぜひ受講していただきたいコースです。

本コースに興味をお持ちになった方はこちらのコース紹介ページをご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

『KnowledgeWing通信』はお読みいただいていますか?

いつも当ブログ『人材育成最前線』をお読みいただきどうもありがとうございます。
当社では、みなさまのキャリアアップをサポートすべく、ご希望の方にメールマガジン『KnowledgeWing通信』を無料で配信しています。

1212

『KnowledgeWing通信』の配信日は、毎週木曜日と隔週火曜日。

「おすすめ研修コース」「人気の研修コース」「新設コース」をはじめ、キャリアアップやモチベーションアップにつながる話題、人材育成の最新動向などをお届けしています。

人材育成、IT最新技術に関する無料セミナーの開催情報も、いち早くお知らせしています。

あなたのキャリアアップや人材育成のお悩みや課題を解決するヒントに、当社のメールマガジン『KnowledgeWing通信』をぜひ、お役立てください!

毎週木曜日と隔週火曜日に配信中(バックナンバーも下記サイトで公開しています)

―――――
こちらは、毎日更新中。気に入ってくださったら、「いいね!」のクリックもお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

リーダーに必要な指導力「4つの心得」

上司から「チームのリーダー役を任せたい」という打診があったら、どうなさいますか?

このような打診に対し不安を感じる方の中には、「自分がどのようなリーダーになりたいのか」のイメージが明確ではない方が多いのだそうです。そこで今日は、「リーダーに求められる指導力」について、4つの心得をご紹介しましょう。

1211_2

1.リーダーとしてメンバーへの責任を持つ

会社の業務とは別に、グループ目標を掲げ、先頭に立って推進すること。

(たとえば、「あいさつの奨励」「小集団活動の企画・推進」など)

2.ちょっとした工夫をする

メンバー全員でできて、有益な取り組みを実行すること。

(たとえば、「どんなに忙しくても毎朝5分のミーティングをする」「毎朝5分間資格試験の問題を1つやる」など)

3.ルールは率先して守る

グループで決めたルールは、メンバーに必ず守らせるだけでなく、自分も率先して守ること。自分が守れないようなルールは決めないことも大事。

(たとえば、リーダー自身がヘビースモーカーなのに、「禁煙」を目標としない、など)

4.仕事に厳しく、人にやさしく

仕事と人間関係にけじめをつけ、思いやりの心を持つこと。

リーダーはメンバーに「仲間」として接し、メンバーの心に踏み込む努力を!

(たとえば、「ユーモアの研究」「メンバー世代の話題の研究」など)

「4つの心得」は、いかがだったでしょうか?

リーダーのみなさんは、どのようなことを心がけていますか?

みなさんの心がけていることについても、ぜひ、教えてください。

------

■当社では各種リーダーシップ研修を実施しています。詳細はこちらからご覧ください

■御社の課題解決に必要な人材育成を、ご一緒に考えます。無料相談会をご利用ください。無料相談会の詳細はこちらからご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

プレゼンテーションの極意を学べる!

みなさんは、ご自分のプレゼンテーションを客観的に評価できているでしょうか?

当社では、プレゼンテーションの事前準備に必要なスキルや、聞き手を意識したプレゼンテーションに必要なポイントやコツを学習する「相手に伝わる! プレゼンの極意~論理的なシナリオ構築方法と伝えるスキルの修得~」を開催しています。

1210

講師や他の受講者からのフィードバックと、ビデオによるセルフチェックにより、自分自身の強みや弱みがわかり、具体的なプレゼンテーションの改善につなげられる、演習中心の実践的なコースです。

ではここで、本コースを受講されたお客様の声をご紹介しましょう。

●プレゼンテーションだけではなく資料作成やストーリー作成の演習もあり、大変充実した内容で良かった。

繰り返し演習を行うことで、プレゼンテーションに対する苦手意識を減らすことができた。

●ビデオに撮影された自分のプレゼンテーションを客観的に見ることで、改善すべき点がよくわかった。

簡単な演習を繰り返し行いますので、プレゼンテーションに苦手意識を持っている方も安心してご参加いただけます。

本コースに興味をお持ちになった方は、リンク先のコース紹介ページをご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

ビッグデータの特性や要素技術を1日で学ぼう!

ビジネスへのさまざまな活用が期待されているビッグデータですが、活用するための技術について、正しく理解されている方は、まだまだ少ないのではないでしょうか。

1205fb

当社では、ビッグデータの概要や、ビッグデータを利用するために必要となる各技術のポイントなど、ビッグデータの特性を正しく理解し、活用するために必要なスキルが身に付く研修コース「ビッグデータの基礎~事例から学ぶ大量データ処理~」を開講しました。

本コースの主な特徴は、以下の3つです。

1.技術者の視点だけではなく、データを分析・活用する方の視点から、ビッグデータ活用に必要な技術やスキル、ポイントがわかる

2.ビッグデータの収集・蓄積・処理から分析までの操作を、実際にハンズオンで体験できる

3.ビッグデータを活用するために必要なスキル・人材像までの幅広い知識を、1日で効率的に修得できる

データをビジネスにどのように活かすか検討されているマーケティング部門や企画部門の方、ビッグデータの全体像や技術概要を知りたい方におすすめです。

本コースに興味をお持ちになった方は、リンク先のコース紹介ページをご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

リーダーの条件とは?

先日、リーダーシップ研修を受けました。

その時に一番印象に残ったのは、「リーダーシップは、誰でも発揮できる」、という言葉。

「自分はリーダーに向いていない」と思っている人であっても、リーダーシップの適切な発揮の仕方を身に付ければ、誰でもリーダーになれる、というのです。

1204fb

では、リーダーの重要な条件は何だと思いますか?

1つは、「決断力」。決断して、明確に指示をすること。

そして、もう1つは、修羅場においても、「うろたえず」「ゆったり」していること。

たとえていうと、「何かトラブルが起きた時に、状況をマクロ的にとらえ、方向性を示すことができる人」や、「部下が本来の任務に専念できるように、他者や他部門との調整はすべて自分で引き受ける人」とのこと。部下にとって働きやすい環境を作り、維持していくことが、リーダーの大事な責務の1つなのですね。

今、リーダーの立場にいるみなさんは、どのようなことを信条にしていらっしゃいますか?
これからリーダーの立場になるみなさんは、どのようなリーダーになりたいと考えていらっしゃいますか?
みなさんの理想とするリーダー像についてコメントをお待ちしています。
------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

クラウドサービス導入のための、上流工程のノウハウを学ぶ!

要件定義や設計は、一般に属人的で可視化されていない作業が多い領域です。また、クラウドサービスは、新しい技術であり、かつ、新しい技術が続々と登場している領域です。

1203fb

そのため、「クラウドサービス導入のための要件定義・設計」について、体系的にまとめられた書籍や情報がありません。そこで今日は、クラウドサービス導入の際の要件定義や、設計の方法を知りたい方に向けた、注目の新設コースクラウドサービス導入のための要件定義・設計」をご紹介します。

本コースの特徴は、クラウドサービス導入時の要件定義・設計について、1日で学んでいただけること。主なおすすめのポイントは以下の3つです。

1.クラウドサービス導入の際の要件定義・設計のポイントがつかめる
2.上流工程の、付加価値の高いノウハウが分かる
3.実際に演習が体験でき、受講者同士の情報交換ができる

富士通グループのノウハウを結集した上流工程の進め方に、それぞれ専門分野を持つ当社の講師陣のノウハウを加え、「当社が考えるベスト」をご提案しています。クラウドサービスの導入を検討している方、クラウドサービスを提供している方のご受講をお待ちしております。

本コースに興味をお持ちになった方は、リンク先のコース紹介ページをご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »