2012年11月 7日 (水)

守りから攻めの運用を目指す

システム運用管理者には、システム全体を見渡して、運用・保守を行うことが求められています。さらに、お客様の業務を預かり、ビジネスを支える立場として運用を担っているからこそ生まれるアイデア、積極的な提案(“攻める”運用)も期待されています。

1107fb

当社で開催している研修コース「基礎から学ぶシステム運用管理・実践トレーニング~障害管理、変更管理、SLAなど~」は、システム運用管理の基礎を総合的に学べるコースです。
インシデント管理、障害対応、サービスレベル管理など、システム運用管理における基本作業を理解し、システム全体を見る目を養います。

「実際の運用現場などの具体例が多く、非常に理解しやすかった」「正解のないSLAに関して、今後の実務で役立つ内容だった」といった声も多く、年間40回以上開催される人気コースです。

システム運用業務の一部しか知らない方、運用の基礎を学びたいシステム開発者の方にもおすすめです。

詳細は、こちらのページでご確認いただけます。

|

研修コース紹介」カテゴリの記事





コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216263/56056130

この記事へのトラックバック一覧です: 守りから攻めの運用を目指す: