2012年10月31日 (水)

交渉スキルにより、Win-Winを確立する

プロジェクトリーダーの主な業務である「チーム内での調整」、「お客様とのやりとり」のほとんどは、「交渉」がベースになっています。

プロジェクトにおける交渉では、必ずしも、自社の要求を100%お客様に受け入れてもらうことがゴールではありません。またお客様から厳しい要件や仕様変更を求められた場合でも、無条件にそれらすべてを受け入れる必要もありません。
両者が、自社の立場を主張しながらも、相手の主張にも耳を傾け、譲歩できるところは譲歩し、お互いに納得できる落としどころを見つけること。これが交渉のあるべき姿です。

1031

当社の研修コース「プロジェクトリーダーのための戦略的交渉術」は、プロジェクトを効果的に進める上で必要な戦略的交渉術を身に付けることができます。効果的な事前準備のポイントを知って、実務に近いケースによる演習を数多くこなすことで、交渉術の勘所をつかんでいただきます。

受講者からは、『Win-Winの本当の意味がわかった、実際の交渉に役に立つ楽しい研修だった』などの声が聞かれる人気のコースです。

プロジェクトリーダーはもちろん、交渉に携わるすべての方におすすめします!

詳細は、こちらのページでご確認いただけます。

|

研修コース紹介」カテゴリの記事





コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216263/55982486

この記事へのトラックバック一覧です: 交渉スキルにより、Win-Winを確立する: