2012年10月29日 (月)

データを制するものは、システムを制す?

いま、データベースを使わないITシステムは、ほとんど存在しません。
ITにかかわる人にとって、データベースに対する適切な理解は、必要不可欠。データベースの基本概念はもちろん、実装においてプログラム内に埋め込まれるSQLの文法など、必要となる知識はさまざまです。

1029

当社の研修コース「データベース基礎」では、データベース全般の基本知識とリレーショナルデータベースの操作言語であるSQLの基本文法を学習します。実習では、データベースの構築、データの操作、削除といったデータのライフサイクルに合わせた一連の操作を行います。

受講者からは、『業務内容とデータベースの具体的な扱い方が結びついた』『自身の業務の土台・根幹となる、基礎知識が身に付けられた』との声が多く聞かれる人気のコースです。

ITに携わる、すべての方におすすめします!

詳細はこちらのページでご確認いただけます。

|

研修コース紹介」カテゴリの記事





コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216263/55982409

この記事へのトラックバック一覧です: データを制するものは、システムを制す?: