2012年9月 3日 (月)

「不測の事態」に備えたマネジメント体制の構築

東日本大震災をきっかけに、事業継続におけるマネジメントの重要性が今まで以上に高まっています。

 

企業は、不測の事態が生じた時に、人命救助などの緊急対応だけでなく、「事業を継続させる」という社会的責任を担っているのです。

 

93_2


「基礎から学ぶ事業継続管理(BCM)」では、緊急事態に直面した際、適切な行動がとれるようにするための
事業継続管理(BCM)に関する基礎知識を学習。

 

事業継続計画(BCPの策定プロセスや、留意点を体系的に学びます。

 

演習では、「大地震が発生した」という想定で、初動活動を体験することができます。事前準備の大切さを体感し、備えの強化につなげます。

 

あらゆるビジネス環境において活用できる内容ですので、事業に携わるすべてのビジネスパーソンにおすすめしたいコースです。

 

 

・基礎から学ぶ事業継続管理(BCM

|

研修コース紹介」カテゴリの記事





コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216263/55568518

この記事へのトラックバック一覧です: 「不測の事態」に備えたマネジメント体制の構築: