2012年8月 8日 (水)

極意を知って、作成文書の幅を広げよう!

こんにちは。富士通ラーニングメディア・ブログ担当です。

みなさんは、文書を作成するとき、どのようなツールをお使いになりますか?

私はMicrosoft Wordを使うことが多いのですが、
以前は、なかなか思うような文書を作成することができませんでした。

・改行すると、タイトル行のフォントやサイズが変わってしまった
・長文を作成していると、レイアウトがくずれてしまった
・作成した文書の目次や索引を、時間をかけて作成したが、見づらい
(全て個人の体験です)

当社が提供する

業務に役立つ!目からウロコのWord極意~スタイルがわかる!使える!楽になる!~

は、その名のとおり「目からウロコが落ちる」ような極意を学べる研修コースです。

「え!そんなこともできるの?」という使い方を知って、作成する文書の幅を広げませんか?

|

研修コース紹介」カテゴリの記事





コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216263/55378888

この記事へのトラックバック一覧です: 極意を知って、作成文書の幅を広げよう!:

» 『〈アウトライン記述法〉でA4一枚の文書がサクサクつくれる本』地蔵重樹 [私の通勤読書メモ]
今回は読書メモではなく、拙著の宣伝です。 この度、日本実業出版社さんから、『〈アウトライン記述法〉でA4一枚の文書がサクサクつくれる本』という本を出版しました。 私にとっては2冊目の商業出版となります。 ライターやコンサルタントなどのプロの世界では普通…... [続きを読む]

受信: 2012年8月13日 (月) 11時35分